house I

神奈川県の大磯町に50代の夫婦のために設計した住宅です。

辺りは畑の広がるのどかな場所でしたが、徐々に市街化も進んでいました。そこで、庭と家、外と内がいりまじったような、周囲に対して守られながら開くことができる、外郭の曖昧な住宅を提案しました。

平面的にL型の壁は、完全に部屋として閉じることがなく、気配を伝え、多様な「隅」をつくり、ゆるやかに内外を隔てつなげていきます。外部にあるL型の壁は北風をふせぎながら南の光を受け止め、冬には日溜まりの小さな庭をいくつもつくりだします。

date

type

location

floor area

consultant

contractor

photo

2009.01

housing

Oiso, Kanagawa

108.41

Structured Environment / ZO Consulting Engineers

Yokomizo koumuten

1-6 14-15 17-19 Jin Hosoya / 7-13 16 Shinkenchiku

concept plan

© miya akiko architecture atelier 2018 All rights reserved